チリ抜けツアー(1日目)

ボリビアのウユニから、チリのサンペドロ・デ・アタカマへ抜ける2泊3日のツアーに参加する。

ウユニ周辺は、ウユニ塩湖が唯一絶対で国境付近のその他の見所は単なるおまけのように考えていたが、入れ違いにサンペドロ・デ・アタカマから来た旅人さんに「絶対2泊3日のツアーにすべき」というアドバイスをいただく。5日後の早朝にサンティアゴからイースター島へ飛ぶのに、まだ1500キロ以上の陸路移動が残っている。1泊2日のコースもあるのに、のん気に3日間もふらふらして大丈夫か、と思う。見ず知らずのサンペドロ・デ・アタカマで翌日発のサンティアゴ行きのバスチケットを取れなかったら、イースター島に行けなくなってしまう。。

しかし、ここは賭けだ。旅は大体が1回きりなので、どうしても判断が強気になってしまう。

ツアー会社のくそばばあ、いや、おばちゃん、と値段交渉をする。しかし、絶対に今日出発しなければならない我々は、劣勢状態。というより、完全に足元を見られている。こちらは、先に申し込んでいた日本人の男の子と同じ値段にしてよ、という至極当然な要求をしているだけなのだが、容赦なし。挙げ句、初対面の彼を盾にとって「あなたたちが行かないなら、彼も参加できない」とか、日本人の弱点を突くような追い込みをかけてくる。くそぉ。。屈辱的な敗北を味わいつつも、ツアーには参加できることになった。忘れよう。。

参加者はチリ人男子2人、アルゼンチン人女子2人、日本人3人の7人チーム。このくらいの人数構成だと気兼ねなく話せる。

まず、向かった先は列車の墓場。
d0171760_3291377.jpg

次に3回目のウユニ塩湖。4日連続で拝む。
と思ったら目前で車パンク。2日前に同じ場所でパンクしている車両を見たが、運転手に「止まるな!」と心の中で叫んだ(実際止まらなかった)罰が来たのか。ウユニ塩湖を目前にお預けをくらう。
d0171760_330043.jpg
d0171760_330331.jpg

今日のウユニは過去最高に晴れていた。やっぱり青空の下のウユニはよい。
d0171760_3305875.jpg

出発が遅かったため、昼食を取りすぐに出発。

今日はほとんど移動。暫くいったところで、不意にガイドのゼニがブレーキをかける。

「まさか」

本日2度目のパンク。ボリビアの道はとても悪い。すでに替えのタイヤはないので、今日はここで野宿かと思ったら、後続の車両がスペアタイヤを譲ってくれた。そう、ここら辺の車は100%トヨタのランドクルーザーなので、タイヤが全部一緒なのである。大量生産万歳。
d0171760_3313432.jpg
d0171760_332710.jpg

[PR]
by shingo20100620 | 2011-02-11 02:16 | ボリビア編