本当のデスロード

アマゾン川ツアーに参加するためには避けて通れない道、デスロード。この道を通る20時間のバス移動を経てやっとツアーの拠点、ルレナバケにたどり着く。はずだ。。

地球の歩き方によると、デスロードと呼ばれるこのあたりの道は「年間約200人もの乗客が、谷底に転落し命を落としている。」らしい。本当か?しかし、「事故のほとんどは道が非常にぬかるむ雨季(11月~2月)に起こり、また、だいたいは大型バスやトラックなので、旅行会社の小さなバスで雨季を避けて行けば心配いらない。」となっている。

今日は1月30日、雨季真っ盛り。

我々の乗ったバス、50人乗りの普通の大型バス。。
d0171760_553760.jpg

完全にアウトである。

しかし、「デスロードを通らない新しい道ができた」という出所不明の噂を耳にしていた我々は、まあ、大丈夫かと乗り込んだ。

すぐにこういう道が現れる。
d0171760_552823.jpg

引き続いて絶望の瞬間が訪れる。こんな道で大型バスとご対面。
d0171760_5523081.jpg

ボリビアは右側通行なのに、何故かデスロードだけ左側通行という謎のルールがある。行きは左側がずっと崖なので、我々のバスは常に谷側。もちろん帰りは逆なのだがこの際、先のことはどうでもよろしい。
しかも我々の運転手はとても気弱で、対向車が来ると必ずにらみ合いに負けて後進を始める。僕は日本ではたいがい相手に道を譲る優良ドライバーだったが、ここはデスロード。この心優しいドライバーに殺意すら沸いてくる。デスロードで、大型バスで、谷側で、ぬかるんだ道を、誘導なしでバックってどういうことやい。

最後列に座っていた我々は「自分達の命は自分達で守るしかない。窓から後ろを見張り本当にやばい時は叫んで運転手に知らせよう。」と示し合わせる。しかし、僕とケンタ君は決して窓側の席に近づかなかった。想像力豊かな我々男子は、自分達が乗っているバスが落ちていく瞬間なんて見れたものではない。

案の定、気は弱くて道は相手に譲るくせに、ノールックの後進については驚くほどの度胸を見せる我がドライバーが、猛然と後進を始める。すぐに窓側にいたアキコちゃんが(楽しそうな)悲鳴を上げる。しかしバスは止まらない。そこから2-3メートルは進んだだろうか。気が付くと我々の座席は崖下200メートルの宙に浮いていた。どうやらバスの後輪はかなり前についているため、最後列の席は宙に浮いていても後輪はちゃんと地面についているようだ。(←ここら辺の検証について、僕はビビッて窓から外を見なかったので、アキコちゃんのレポートに基づいている。「あー、浮いてる~」という言葉が印象的だった。)

この恐怖は本物だ。まあ、楽しいっちゃあ楽しいが、それは今だから言えること。。今日のこのバス旅行に比べたら、昨日の自転車ツアーなんて安全お気楽なものだったなぁ、と思う。バスが谷に落ちかけた時の脱走経路まで妄想したのは、初めての経験だった。

デスロードを抜けた時には言い知れぬ疲労感に包まれていた。。
[PR]
by shingo20100620 | 2011-01-31 05:36 | ボリビア編